STEP 2! A++ Wednesday Mind Mapping: We want the same outcome.

レベルアップ英会話

Let’s have a good time!

5月27日()・28日()
in 京都 オフィス ゴコマチ

3時間で “楽々” 上達!

「レベルアップ英会話 in 京都」

ケイティのA++メソッドでどんどん話そう

Click here for info!

同じことでも、言い方はいろいろあります。

いろんな話題を利用して5つの言い方を一緒に練習しましょう

5 ways 2

Because there is more than one way to say the same thing!

Become a Fluent Speaker in English. YOU CAN!

step-2

I’ll use this for my radio show on Thursday!
マインドマップを始める開始点を決めます。

Remember, these all have the same meaning!

覚えておいてください、これらはすべて同じ意味を表します!

We want the same outcome.

 We have the same goal.

We want the same thing.

We have the same end in mind.

Our goal is the same.

マインドマップをつくるときは、想像力を働かせて、できるだけ多くのことを描いてください。これは自分の考えを思い出すための、自分用のメモです。それぞれの円の横に、文章ではなく、1、2語書いてください。文章を書くと、その通りに言おうとしたり、録音のために暗記しようとしてしまうからです。

マインドマップのやり方を2つご紹介します。

1) 自分の考えを紙に描いて、写真をとってアップロードします。

2) Coggleを使ってマインドマップをつくります。ちがうプログラムがあるなら、それを使っても構いません。自分のマインドマップをPDFJPEGで保存し、それをアップロードします。https://coggle.it


step-1

Remember, these all have the same meaning!

覚えておいてください、これらはすべて同じ意味を表します!

このワークシートを使ってA++の返答を作り、英会話の準備に役立ててください。電車に乗っている時や喫茶店で、またテレビをみながらでもワークシートにチャレンジしてみましょう。とてもよい頭のトレーニングになります。英語で返事をする新しい答え方が身につきます。もし今日があなたにとって大変な日ではなかったなら、以前に大変だった時のことを思い出してみてください。もしくはこのワークシートをとっておいて、いつか大変な日がやって来たときに書き込んでもかまいません!A++式で会話の準備をすれば語彙を増やすことが出来ます。文法についてよく知ることもできます。またA++式で会話に備えれば、リスニングの力もついてきます。

私のニュースレターを受け取ったある人から、メールをいただきました。彼は、マインドマップと、30秒間のノンストップ録音を送ってくれたのです。それは素敵なものでした。私は、激励とちょっとしたアドバイスを、彼に返信しました。

Come back on Saturday, it’s our 30 Second Non-stop Speaking.

土曜日、30秒間切れ間なく話すための練習を一緒にしましょう。

I coach privately too. I love it! Have a good one!

Cheers,

Katie

[email protected]

katieadler-vo.com

TOEFLやTOEICのスピーキングテストを受ける方に最適なコーチング! 


30秒&1分話す
入門編!
ケイティ・アドラーのA++ ノンストップ英会話コーチング

もし今…

あなたは... 英語をずっと勉強しているけれども、上達しなくて挫折しそうになり、学習の仕方が間違っているのかと考えて、どうしても今の状態を打破したいと思っている。

あなたは… 30秒、あるいは1分間黙りこむことなく英語で話し続けるなんて考えられないし、そのようなレベルで会話をしなければならないときは非常に緊張する。

あなたは… 英語を話すのが怖いし、恥かしい。だけど、実は勇気があって、心の中ではできることは知っているけ
、どうやってそれを行動に移せば良いかわからないだ

 STEP 2! A++ Wednesday Mind Mapping:

Watch Video Monday: past, present and future click here!
Comments are closed.